現在のページは 言問学舎トップ の中の 教育相談いろは教室の中の 内申点と高校入試 のページです。

内申点と高校入試

内申点と高校入試

   現在、東京都内に住む中学生の高校受験に関して言うと、その大半の部分に中学校から出る調査書点、いわゆる内申点が大きく関わって来ます。文京区周辺では、概ね中3の二学期の数値です。対象別に、順を追って説明します。  
   ・私立高校のうち、難関大学の附属高など  
     9科合計38、かつ5科合計22(明治大明治)、9科合計40(早大高等学院)な  
     どの内申があれば、推薦入試に出願可能(合・否は試験の結果次第)  
   ・多くの私立高  
     9科36、5科20などの内申があれば、単願で基準クリア  
             〃          併願優遇相談可   
   ※以上の私立高の基準は、それぞれの学校ごとに決められているものです。「基準クリア」  
    「相談可」とは、きちんと勉強して受験すればほぼ大丈夫だろう、というラインです。  
   ・都立高(主として全日制普通科)  
     内申点(300点に換算)と入試の当日点(700点に換算)を合計した1000点満点で、高得点者から合格決定。  
   例)④のAさんの例で言うと、彼女の内申素点40(5科22、4科18)は、300点換算で
       267点になります。「声の教育社」の「平成30年入試用東京都受験案内」(資料提供・進学
       研究会)では、小山台高校は1000点満点の840点、北園高校は800点となっていますの
       で、単純にそれぞれの点数から267を引いてみると、小山台高校で5
       73点、北園高校では533点となりますね。これは700点換算の数字なので、実際の当日点
       では小山台で405~410点ぐらい、北園で380~385点ぐらいが、いわゆる「合格の目
       安」となります。Aさんは模試でB判定ということなので、当日は400~405点ぐらい取れる
       のでは、という見通しが出ているのではないでしょうか。「入試の合否」なら、まずいける見通
       しということですが、彼女の心配は入学後のことだったわけですね。
 ※この稿でお伝えしたいのは、よほど当日の試験に対して、つまり「学力」で自信のあ     
      る人は別にして、「内申次第」で、受験できる学校がかなり絞られてしまうということ   
      です。一例として、内申素点が38を下回っていては、1000点満点で800点を    
      超える高校の受験はおすすめできないというのが実情です。また、2月10日からの私立高校の一
      般入試では、内申点はほとんどの学校で問われませんが、「併願優遇」等の利用を考えあわせる上
      で、やはり内申対策は重要だと考える必要があります。  
         なお、現在は65点換算(300点に反映されます)の段階で、実技4科の評定が2倍されま
      す。実技4科の期末スト対策も、きわめて重要になっています。

ひとつ前に戻る
  • d
  • d
ページトップへ戻る