現在のページは 言問学舎トップ の中の よくあるご質問の中の 教員はどんな教員ですか? のページです。

教員はどんな教員ですか?

教員はどんな教員ですか?

 舎主自身は国語のエキスパート(歌人・小説家)であり、年長・小学生からの「国語力を芯からつけさせる教育=音読と読解の講座」にはじまり、中学受験・高校受験・大学受験(東大二次試験の記述を含め完全対応)に至るまで、生徒個人の資質に合わせて「教わる側が理解できる」独自の国語教育を展開しています。
 また小学生算数の基礎学力向上を、創業時から(国語教育との)二大命題の一つとしており、自ら教えているほか、高校受験の数学・社会も含め、「教科の学習を通して人としての大切な礎(いしずえ)を学ぶ」教育の実践に、日々邁進しています。

 その舎主を補佐・補完する講師陣ですが、理数系および英語のエキスパートである経験豊富な社会人講師が各1名、さらに複数名の社会人講師を中核として、優秀な大学院生・大学生の非常勤講師を常時15名前後擁しており、主要5科のほぼすべてに対応できる強力な布陣を整えています(講師のうち半数前後が東大生・院生・卒業生です。また大学受験の社会・理科系の一部教科は専任者が在籍していない場合もありますが、短期間で手配可能です)。

 なお講師の採用に当たっては、作文・面接を中心とした採用試験を通して採用した上、言問学舎の教育方針をきちんと研修で指導して、担当につかせます。また、つねに舎主みずからが各教員の授業の状況を把握している上、小まめに打ち合わせをして問題点等も解決していますので、時に耳にする「アルバイト教員に任せっ放し」のような状況ではありません。

そしてすべての教員が、「言問学舎の教育」を理解し、実践しています。

ひとつ前に戻る
  • d
  • d
ページトップへ戻る